ここから本文です

シャビが明かす別次元のバルサに唯一近づいたチーム 「バルサにあと1歩のところまで迫ったのは……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月19日(日)9時40分配信

今でもバルサが世界最強と強調

バルセロナを去ってもクラブへの愛を貫いているシャビ・エルナンデスは、今でもバルサの試合を見ているとよだれが出るほど魅了されているという。

英『Squawka』によると、シャビはバルサが今でも世界最高の強さを誇るチームだと断言。他を寄せ付けない別次元のレベルにあることを強調している。その一方で、唯一バルサのレベルに近づいたチームがいると自身の考えを明かした。

「僕はバルサの試合を見るとよだれが出るよ。彼らの試合をとても楽しんで見ているんだ。ただ、ピッチ上で見るより家のソファで見ている方が心苦しいけどね。僕が言えるのは、バルサが特別なレベルにあるということさ。僕にとって彼らはまだ世界最高のチームだ。唯一バルサにあと1歩のところまで迫ったのは、グアルディオラが率いたバイエルンだけだよ」

当然の結果ともいえるが、バルサで黄金期を築いたグアルディオラがバイエルンに植え付けたスタイルもポゼッションを軸としたものだった。バルサとは違う部分が複数あったが、グアルディオラのおかげでバイエルンが美しいスタイルを身につけたのは事実だ。

しかし、それでもシャビは本家のバルサには敵わないと考えているようだ。現在フランスで開催されているEURO2016でもスペイン代表はバルサの選手を中心に素晴らしいサッカーを見せており、シャビにとってはこちらもたまらない大会となっていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月19日(日)9時40分

theWORLD(ザ・ワールド)