ここから本文です

イングランドのレジェンドGKはベイルのフリーキックをハートのミスとあっさり 「あれは簡単にセーブすべき」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/19(日) 10:20配信

集中力が足りなかったように見えるとコメント

ウェールズ代表FWガレス・ベイルの直接フリーキックを防ぐことはできなかったのか。劇的な逆転勝利を飾ったウェールズ戦において、イングランド代表唯一の不安材料となったのがGKジョー・ハートだった。ハートは今大会屈指のキッカーであるベイルに長距離砲を決められてしまい、あれだけ警戒していたはずのフリーキックから先制を許してしまった。

ベイルのシュートがブレて落ちていたのは事実だが、イングランド代表で125試合に出場した経験を持つレジェンドのGKピーター・シルトン氏はハートのパフォーマンスに納得していない。英『Sky Sports』によると、同氏はハートを評価しているからこそベイルのキックは防げたはずだと主張しており、ベイルに得点を許したのはミスだったと語った。

「ジョーは非常に経験豊富なGKだ。だからこそベイルのシュートは簡単にセーブすべきだったと感じていることだろう。私はジョーが素晴らしいセーブをしているのも分かっているが、ウェールズ戦では集中力を欠いていたように見える。もしジョーがこれ以上ミスをした場合は、ホジソンもジョーの交代を考えざるを得ないだろう。誰もポジションが保証されている選手などいないんだ。それでも、ジョーは真っ先に先発に名前が挙がる選手の1人だけどね」

同氏は決勝トーナメント行きをかけたグループステージ最終戦のスロバキア戦では最大限集中してほしいとコメントし、ハートが本来のパフォーマンスを見せてくれることに期待している。ハートはビッグセーブも多いと評価が高いGKだが、その評価に見合うパフォーマンスを見せられるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/19(日) 10:20

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]