ここから本文です

阪神メッセ、スクイズの1点に泣く SB打線相手に8回4安打の好投も5敗目

Full-Count 6月19日(日)9時24分配信

金本監督はメッセの投球に合格点与えるも…打線は2安打完封負け

 息詰まる投手戦を制したのはパ・リーグ王者だった。阪神のランディ・メッセンジャーが18日のソフトバンク戦(甲子園)に先発。8回4安打1失点の好投を見せたが、打線の援護なく5敗目(6勝)を喫した。

 柳田、内川、松田といった強力ソフトバンク打線相手に長打はゼロ。許した失点は3回のスクイズによる1点のみ。相手先発・千賀にも負けず劣らずの投球を見せた右腕は「結果は負けなので。打たれたのも単打4本。自分としてはいいピッチングができた」と淡々と口にした。

 初回、2回は3者凡退に抑える完璧すぎるスタートを見せ た。悔やまれるのは3回。1死一、三塁から今宮に「頭の中ではあるかなと思っていたが、良い所に転がされた」と、一塁方向寄りにスクイズを決められ決勝点となった。直前の1死二塁から投手・千賀に中前打を浴びたのも痛かった。

 それでも打線の援護を信じ、150キロを超える直球とフォーク、スライダーを交え8回まで9奪三振を奪う快投。打撃でも3回2死から中前打を放つなど孤軍奮闘の活躍を見せた。金本監督も「メッセは完璧だったね。ピッチャーに打たれたところが失点につながったけど」と合格点を与えた。

 だが、千賀―サファテの鉄壁リレーの前に打線はチームワーストタイの2安打完封負け。ほとんどチャンスを作ることなく敗れた。今季、交流戦でホークス相手に勝ち越したセ ・リーグ球団はいない。最後の砦として金本阪神が意地を見せたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)9時25分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。