ここから本文です

44位→13位、躍進の向井地美音「こんなに幸せな日はありません」

MusicVoice 6月19日(日)7時13分配信

 [AKB48総選挙開票、18日、新潟]13位となり選抜入りを果たしたAKB48向井地美音。「これからはこの“13位“という順位を胸に、自信を持って歩んでいくんだ!!」などと感激の声を挙げている。

 向井地は2013年に実施された「AKB48第十二回研究生(15期生)オーディション」に合格してグループ入り。選抜総選挙は2014年に初参加したが圏外。昨年は44位でネクストガールズに選出。今年3月にリリースされたAKB48の44枚目シングル「翼はいらない」ではセンターに抜擢されている。

 選抜総選挙を終えた向井地は自らのグーグルプラスを更新し、選挙結果への思いを綴った。「第13位 47094票。信じられない、、夢じゃないよね、、?今まで生きてきた中で、こんなに幸せな日はありません」と素直な喜びの声を挙げた。

 ファンへの感謝を寄せる向井地は、「センター、いや、初めて選抜メンバーに選んで頂いた日から。本当に私はここにいていいのか、AKBファンの皆さんに認めてもらえるのか、ずっとどこかで不安と戦っている自分がいました。でも今日やっと、その出口を見つけられた気がする」と達成感をコメント。

 さらに、「まさか選抜入りという夢が叶うなんて、しかも13位で名前を呼んで頂けるなんて、、! これまで自分がやってきたこと、そしてファンの皆さんとの絆を信じてきて本当に本当によかった」と感謝した。

 向井地はまた、「出口、そして新しい世界の入口。ここまで導いてきてくださった皆さんに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。これからはこの“13位“という順位を胸に、自信を持って歩んでいくんだ!! 皆さんのために、AKB48のために。ありがとう 大好き」と締めくくり、感激した様子を隠すことなく綴っている。

最終更新:6月19日(日)7時13分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。