ここから本文です

【MLB】通算465発の殿堂選手「米はオウを認めなかった。イチローの通算安打も…」

Full-Count 6月19日(日)14時15分配信

ヤ軍OBウィンフィールド氏が日米通算安打の私見語る、「彼の功績は汚されない」

 15日(日本時間16日)パドレス戦で、マーリンズのイチロー外野手が日米通算安打4257本とし、ピート・ローズの持つメジャー歴代最多記録(4256本)を抜いて以来、日米合算についてさまざまな議論が繰り広げられている。イチローこそ新安打王だという意見や、そのままローズが安打王だという意見が、それぞれ十人十色の理由付けと共に各所から発信されている。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

 そんな中、メジャー通算465本塁打を誇る殿堂外野手デーブ・ウィンフィールド氏が、独自の意見を明かしたと「AOL.com」が伝えている。パドレスやヤンキースで22年のメジャー生活を送った往年の名選手は「議論が起きているのは、日本での記録が含まれているから」だとし、世界の本塁打王・王貞治氏を引き合いに出しながら、こう語ったという。

「サダハル・オウは誰よりも多く本塁打を量産したが、アメリカは認めようとしなかった。ボンズがハンク(アーロン)を抜いたが、オウの本塁打数は2人を上回る。この時の状況が、イチローの通算安打にも反映されているのだろう」と話し、王氏がハンク・アーロンの記録755本塁打を抜いた1977年からアメリカの日本球界に対する考え方が変わっていないことを示唆した。

 イチローが初めてメジャーにやってきた当時、「アメリカ野球の現状をよく把握していた」と振り返りながら、「彼の功績は汚されるものではない」と称賛。バットにサインをしてもらったという逸話も明かしながら、ヤンキース在籍時に自分と同じ背番号「31」をつけたイチローの活躍を喜んだそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)14時35分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。