ここから本文です

「5番・投手」の日ハム大谷、初回は最速161キロ 平田に159キロで死球も

Full-Count 6/19(日) 14:29配信

2死一、三塁のピンチ招くも無失点

 日本ハムの大谷翔平投手が19日の中日戦(ナゴヤドーム)で先発。初回2死、平田良介外野手への初球の159キロ直球がすっぽ抜け、死球を与えてしまった。

 今季5個目の死球は、昨年11月のプレミア12で「侍ジャパン」の同僚だった平田の左脇腹に直撃。幸い当たり所が良かったのか、大砲は平然と一塁へ。大谷は帽子を取って謝った。

 続くビシエドの右翼線安打で2死一、三塁のピンチを招いたが、ナニータをスライダーで空振り三振に抑えた。初回は最速161キロをマークした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/19(日) 14:29

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。