ここから本文です

「5番・投手」の日ハム大谷、初回は最速161キロ 平田に159キロで死球も

Full-Count 6月19日(日)14時29分配信

2死一、三塁のピンチ招くも無失点

 日本ハムの大谷翔平投手が19日の中日戦(ナゴヤドーム)で先発。初回2死、平田良介外野手への初球の159キロ直球がすっぽ抜け、死球を与えてしまった。

 今季5個目の死球は、昨年11月のプレミア12で「侍ジャパン」の同僚だった平田の左脇腹に直撃。幸い当たり所が良かったのか、大砲は平然と一塁へ。大谷は帽子を取って謝った。

 続くビシエドの右翼線安打で2死一、三塁のピンチを招いたが、ナニータをスライダーで空振り三振に抑えた。初回は最速161キロをマークした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)14時29分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]