ここから本文です

巨人が坂本、長野、阿部の3連続タイムリーで初回に3点先制

Full-Count 6月19日(日)14時37分配信

クリーンアップの活躍で先発・高木を援護

 巨人は19日、本拠地・東京ドームでロッテと対戦し、初回にいきなり3点を奪った。

 1回表を先発・高木が無失点でスタートを切ると、その裏に打線が早速、援護した。先頭の山本がロッテ先発・唐川からセンター前ヒットで出塁し、続く橋本到がストレートの四球を選び無死一、二塁のチャンス。ここで坂本がライトへのタイムリーツーベースを放ち、山本が生還した。

 なおも無死二、三塁とチャンスを続き、長野がレフトへタイムリー。さらに、阿部もセンターに運んだ。坂本、長野、阿部とクリーンアップの3連続タイムリーで3点を先制。その後、村田の併殺打などで4点目は取れなかったものの、高木には大きな3点となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)14時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)