ここから本文です

大量補強で“ドルトムント新時代”突入へ 独メディアがデンベレ&メリーノを先発と予想! 香川は……?

theWORLD(ザ・ワールド) 6月19日(日)20時10分配信

ポジション争いはより激化へ

彼らは今、変革期にある。それが日本代表MFにいかなる影響を及ぼすかは分からないが、激しいポジション争いが待ち構えていることは確かだろう。昨季終盤、ドルトムントで素晴らしい仕事ぶりを見せつけた香川真司が、“ベンチ生活”の危機に瀕している。

ブンデスリーガ29試合に出場し9ゴール9アシストという戦績を収めた攻撃的MFに、どのような不満があるのだろうか。独『Transfermarkt』は8月に開催されるドイツスーパー杯のバイエルン・ミュンヘン戦に向けて、マルク・バルトラやウスマン・デンベレ、そしてセバスティアン・ローデといった新戦力を加えた新たなドルトムントの先発イレブンを予想した。システムは4-2-1-3を採用し、中盤センターにローデとユリアン・ヴァイグルを配置。トップ下にはオサスナから獲得したミケル・メリーノを、さらに最前列の3枚は左からエムレ・モル、ピエール・オバメヤン、そして期待の新星デンベレになるだろうと予測している。

今回の予想先発には香川だけでなく、昨季に主力として君臨したヘンリク・ムヒタリヤンやマルコ・ロイスらの名前も無い。だが前者には退団の可能性が浮上し、後者は負傷によりそもそも同ゲームに間に合わない可能性がある。指揮官トーマス・トゥヘルは、若手選手の起用には積極的な姿勢を貫いているだけに、上記の予想先発がよもやの“大正解”となってしまう可能性も無きにしもあらずだろう。果たして香川は来季のドルトムントで輝きを放つことができるのか。まずは開幕前に熾烈なイス取りゲームを制する必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月19日(日)20時10分

theWORLD(ザ・ワールド)