ここから本文です

日ハム大谷、自打球が右足すね付近直撃 治療でベンチに戻るも…問題なし

Full-Count 6月19日(日)15時13分配信

ナゴヤドーム騒然も、苦笑いを浮かべながらベンチから再登場

 日本ハムの大谷翔平投手に、アクシデントが発生…。19日の中日戦(ナゴヤドーム)で「5番・投手」で先発。4回先頭の第2打席、吉見の内角スライダーを強振した打球が、自らの右足すね付近に直撃した。

 自打球の瞬間に転がるようにこけ、チームトレーナーも駆けつけた。治療のため、一度、三塁ベンチ。ナゴヤドームは騒然としたが、数分後に苦笑いを浮かべながらベンチから飛び出した。

 その後の打席では吉見の徹底した内角攻めに苦しみ、最後は1ボール2ストライクから内角スライダーに空振り三振に倒れた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)15時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報