ここから本文です

バロンドールなどイニエスタには必要ない スペイン紙が称賛するイニエスタが持つ「9」の数字

theWORLD(ザ・ワールド) 6月19日(日)20時40分配信

史上最高の選手の1人なのは確か

チェコ戦、トルコ戦と2試合続けてMOMに選ばれたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタには、バロンドールにふさわしいのではとの声も挙がっている。イニエスタほどの選手がこれまでバロンドールを獲得したことがないのは実に不思議で、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドがいなければバロンドールを獲得できていただろう。

しかしスペイン『as』は、バロンドールがなくともイニエスタが史上最高の選手の1人だと紹介した。同メディアが注目しているのはMOMに輝いた回数だ。これまでイニエスタはEURO2008、2010ワールドカップ、EURO2012と国際主要大会3連覇を経験してきたが、今回のチェコ戦とトルコ戦も含めて代表戦では実に9度もMOMを獲得している。この数字は本大会のものとなっており、余計にイニエスタの凄さが分かる。

しかも2010ワールドカップでは決勝のオランダ戦で決勝点を決めてMOMに選ばれ、EURO2012の決勝・イタリア戦でもMOMに輝いている。ファイナルに強いのもイニエスタの大きな特徴と言えるだろう。

イニエスタは今大会もまだ無得点で、得点を決めて勝利に貢献しているわけではない。しかし誰の目から見てもイニエスタのプレイは異次元なものであり、バロンドールのような分かりやすいタイトルがなくともイニエスタが歴史に残る偉大な選手だと認識されている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月19日(日)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)