ここから本文です

広島下水流がプロ初本塁打 代打で値千金の同点2ラン、試合は振り出しに

Full-Count 6月19日(日)15時52分配信

2回までに4点を先行されるも同点に追いつく

 広島の下水流昂外野手が19日、本拠地でのオリックス戦でプロ初本塁打となる値千金の同点2ランを放った。

 2点を追う6回、2死三塁の好機で中継ぎ右腕・一岡の代打で登場。3ボール1ストライクからオリックス白仁田の141キロの直球を完璧に捉えた。鮮やかな放物線を描いた打球は、左中間へ飛び込む貴重な同点2ラン。プロ4年目の下水流にとっては、これが嬉しいプロ初本塁打となった。

 広島は先発・中村恭が2回までに4失点と苦しい展開。しかし、5回に2点を返すと、下水流の一発でついに同点に追いついた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)15時57分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]