ここから本文です

日ハム大谷、積極果敢な走塁で先制のホーム踏む 一塁から一気に本塁生還

Full-Count 6月19日(日)16時7分配信

中日吉見はガックリ

 日本ハムの大谷翔平投手が19日の中日戦(ナゴヤドーム)で積極果敢な走塁を見せた。

 6回2死一塁。レアードの打球は左翼線へ飛んだ。左翼・ナニータがクッションボールの処理にもたつく間に、大谷は一気に三塁をけり、先制のホームへ滑り込んだ。本塁後方でカバーに入っていた吉見はガックリとうなだれた。

 攻守交代後、大谷は治療のためにマウンドへ向かうのが遅れたが、数分後に何事もグラウンドへ登場した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)16時7分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報