ここから本文です

中日谷繁監督が猛抗議 一塁上での2度目の微妙判定に怒り爆発

Full-Count 6月19日(日)17時9分配信

球場からは「セーフ」コールで異様な雰囲気に

 中日・谷繁元信監督が19日の日本ハム戦(ナゴヤドーム)で怒りの猛抗議を見せた。

 2点を追う8回先頭。代打・亀沢の打球はボテボテで二塁へ。果敢にヘッドスライディングを試みたが、判定はアウトとなった。その瞬間、谷繁監督は血相を変えて一塁塁審の中村審判の元へ走った。

 数分間にわたる猛抗議。怒りは収まらず、憮然とした表情で一塁ベンチへ戻った。球場中は「セーフ」のコールが起きるなど異様な雰囲気となった。

 3回2死の守りでは中島の打球を三塁・エルナンデスが猛チャージをかけて素早く送球。タイミングは完全にアウトだったが、セーフの判定となり、谷繁監督は抗議していた。その時は、ややあきれ顔だったが、今回は怒りが収まらなかったようだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月19日(日)17時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]