ここから本文です

広島鈴木、3戦連続決勝弾 自身初2桁本塁打も「まだ6月。これからが勝負」

Full-Count 6月19日(日)19時28分配信

ノーステップではなく本来の足を上げた形で決勝弾、同期・下水流の同点弾にも刺激

 19日のオリックス戦で、広島の鈴木誠也が3試合連続となる決勝本塁打を放ち、チームの6連勝に貢献した。同期入団の下水流とともにお立ち台に上がった鈴木は、恒例となった「最高です」は控えめに、「なんで打てているかは分からないけど、チームが勝てるように必死でやっています」と殊勝な言葉で喜びを表した。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 勢いが止まらない。史上10人目の2試合連続サヨナラ本塁打の次は、同点の8回に放った決勝本塁打だった。「チェンジアップでした」と振り返った鈴木は、「追い込まれていたので、長打は消していこうと思った。フライを上げないように打った結果。いい手応えではあったけど、たまたまいい角度でいった感じです」と、無欲の一打だったと強調した。

 2本のサヨナラ弾を放ったノーステップ打法ではなく、本来の足を上げた形でのホームランだった。「タイミングが合っていたいので、あの形になりました」という鈴木。「下水流さんがいい場面で打っていたので、負けたくないという気持ちはありました」と、同期の活躍に刺激を受けていたことを明かした。

 6月16日からクリーンアップの一角を任され、6連勝の立役者となった。「5番に座った以上は、チームに貢献したいと思っていたのでよかったです」。打率.315はリーグ4位の好成績で、本塁打も自身初の2桁(10本)に乗った。

 それでも鈴木は、「まだ6月だし、数字は気にしないでいこうと思っている。これからが勝負です」と、再開するリーグ戦に闘志を燃やしていた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月19日(日)20時31分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]