ここから本文です

ハミルトンまさかのミス連発、バクー初代ポールシッターはロズベルグ

オートスポーツweb 6月19日(日)1時16分配信

 F1ヨーロッパGPの予選を制したのは、メルセデスのニコ・ロズベルグ。フリー走行3回目まで、すべてのセッションでトップに立っていたルイス・ハミルトンは予選10位に終わった。

予選で流れを変えたニコ・ロズベルグ

 ハミルトンはミスを繰り返し、予選Q3の終盤にはターン11の入口で右フロントを壁に当ててしまい、サスペンションが壊れてストップ。これで赤旗中断となり、タイムアップを狙うドライバーたちにとっては、残り時間わずか2分05秒で最後の勝負に出ることになった。

 赤旗が出た時点で、まだタイムを出していなかったレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、なんとかハミルトンを上回り、予選9位に。チームメイトのダニエル・リカルドは会心のラストアタックで3位に浮上した。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは1分43秒966と、リカルドとまったく同じタイムを出したものの、わずかにタイミングが遅れたため、予選4位に甘んじる。

 結局ロズベルグに次ぐ、予選2位を得たのはフォース・インディアのセルジオ・ペレスだ。金曜日から初コースへの適応力を見せ、一貫して速さを見せながら、フリー走行3回目に痛恨のクラッシュ。このときのダメージにより、ギヤボックス交換を余儀なくされ、決勝は5グリッド降格で7番グリッドからスタートすることになる。

 マクラーレン・ホンダは、ジェンソン・バトンがQ1最後のアタックを黄旗に阻まれて脱落となり、予選19位。フェルナンド・アロンソもトラフィックに苦しみ、スペインGPから続いていたQ3進出はならず、14位に終わった。

 バクー・シティ・サーキットは抜きどころがある一方で、わずかなミスがクラッシュにつながるコーナーも多い。本来ならフロントロウに並んだはずのペレスが7番手、ハミルトンが10番手から、どこまでの追い上げを果たすのか。ただしハミルトンが予選Q2でベストタイムを記録した「スタートタイヤ」は、決して最高の状態とは言えないものだ。

 決勝レースは6月19日、日本時間22時(現地17時)にスタートが切られる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)16時2分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。