ここから本文です

予選日も混乱が続くバクー、決勝への準備は万全か?

オートスポーツweb 6月19日(日)2時12分配信

 バクーで初開催を迎えたF1ヨーロッパGPは、2日目に入っても、まだ混乱が続いている。

ボッタスにダメージを与えた排水溝の蓋

 6月18日の土曜日には、FIAからコース改修に関する詳細な説明があった。それによれば変更は以下のとおり。

1:ピット出口の縁石が除去され、ペイント塗装に直された。
2:ピット出口の白線が20メートル伸ばされた。
3:6コーナーと12コーナーの出口の縁石が除去され、ペイント塗装に直された。
4:13コーナー入口の縁石が除去され、ペイント塗装に直された。
5:ピット入口の白線が内側に移動し、かつ40メートル伸ばされた。

 しかしフリー走行3回目では、ピットレーン入口の側溝の蓋が一部、外れるというアクシデントが発生。その蓋がウイリアムズのバルテリ・ボッタスのマシンを直撃、ダメージを負ったボッタス車は1周しか走行できずに、フリー走行3回目を終えることになってしまった。

 また、F1フリー走行3回目の前に行われたGP2の決勝レース1でも混乱が起きた。セーフティカーが導入されたあと、セーフティカーが退去してレースが再開されたはずが、コース上のマーシャルポイントでは「SC」が掲示されたままとなってしまったのである。

 これも初開催ならではのトラブルと言えるのか。決勝に向けて、期待とともに若干の不安が残る。


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)2時12分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]