ここから本文です

ハミルトン「クラッシュは自分のミス。セットアップ変更に適応できず」:メルセデス ヨーロッパ土曜

オートスポーツweb 6月19日(日)9時15分配信

 2016年F1ヨーロッパGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはQ3でクラッシュ、10位に終わった。

2016年ヨーロッパGP予選 ルイス・ハミルトンがクラッシュ、撤去されるマシン

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=10位
 うまく決められるか決められないかは紙一重で、今日の僕はうまく決めることができなかった。昨日はすごくいいリズムで走っていたけれど、今日は全くそれができなかった。

 はっきりした答えや言い訳はない。正しいエイペックスや正しいブレーキングゾーンにつけなかった。時にはそういうこともある。今日はそういうセッションだったというだけのことだ。


 僕のミスだ。チームに謝罪し、明日の決勝で挽回に努めたい。このあたりのポジションから順位を上げていくのは簡単ではないので、明日はダメージを最小限にとどめるレースになる。優勝争いができるかどうかはかなり疑問だけれど、ベストを尽くし、できるだけ多くのポイントを持ち帰る。

 マシンは好調だし、ほとんどのライバルたちよりもペースが勝っている。1コーナーでアクシデントがあってもそこをうまく抜けて、どこまで行けるかを見てみるよ。

 
(今日うまくいかなかったのは)誰のせいでもない。僕自身がうまくやれなかった。(Q3の)どちらのラップも0.4秒縮めてきていた。だから速かったのは間違いない。

 ターンインが少し早すぎた。(ウォールへの)ほんのわずかな接触だったけれど、そのラップを走り切れなくなった。

(土曜にセットアップ変更を行ったことについて)金曜とはマシンが違っていた。ブレーキは金曜の方がよかった。いくつか変更をした後、土曜はあまりよくなかった。金曜と同じ場所でブレーキングできなかった。(セッティング変更に)適応できず、いくつかミスをした。

 クルマの感触が金曜とは違っていた。それでもポールを取るには十分だったけど。

 クルマのせいじゃない。僕がリズムに乗れなかった。予選だけじゃなく、プラクティスの間もそうだった。

 でも日曜には新しいチャンスがめぐってくる。ここからでも勝つのは不可能だとは言えないよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)9時19分

オートスポーツweb