ここから本文です

スーパーGT公式テスト:2日目午前はZENT RC Fがトップタイム。走行は赤旗で終了

オートスポーツweb 6月19日(日)11時19分配信

 スーパーGTの公式テストは19日、スポーツランドSUGOで2日目午前のセッションが行われ、GT500クラスはZENT CERUMO RC Fがベストタイムをマーク。2番手にはフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが続いた。

【火花を上げコーナリングするフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R】

 真夏のような天候となった1日目からうって変わり、2日目を迎えたスポーツランドSUGOの天候は曇り。朝方にはミストのように霧雨が舞うことはあったが、ドライのまま午前9時からのセッションを迎えた。

 前日に続き各チームともタイヤの評価等メニューをこなすべくコースインしたが、開始6分、小暮卓史がドライブしていたKEIHIN NSX CONCEPT-GTが馬の背立ち上がりでコースアウト。ストップしてしまったため赤旗が提示される。

 ただ、KEIHINは大きなダメージ等はなくすぐにコースに復帰。セッションはすぐに再開され、その後はカルソニックIMPUL GT-Rが4コーナーで、S Road CRAFTSPORTS GT-Rが2コーナーでコースアウトするシーンがあったものの、その他は大きなアクシデントなくセッションは進んだ。

 しかし、セッション終了まであと10分という10時50分、佐藤公哉がドライブしていたtriple a ランボルギーニ GT3が最終コーナーでクラッシュ。アウト側のタイヤバリアを飛ばしてストップしてしまい、赤旗が提示されそのまま終了となった。

 午前の最速となったのはZENT CERUMO RC Fで、2番手にはフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが続き、鈴鹿テストから好タイムをマークし続けている2台がワン・ツーとなった。3番手にはWAKO'S 4CR RC Fがつけている。前日から気温が下がり、コンディションも好転していることもあり、全体的にタイムが向上している。

 GT300は、またもマザーシャシー勢がワン・ツー。VivaC 86 MCが最速、シンティアム・アップル・ロータスが2番手となった。3番手にはGT3勢最速となったGAINER TANAX AMG GT3がつけたが、UPGARAGE BANDOH 86が4番手。5番手はSUGOで確実に手応えを得ているHitotsuyama Audi R8 LMSとなった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)11時20分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]