ここから本文です

ボッタス「排水溝の事故といいフェルスタッペンとの一件といい、すごく不運」:ウイリアムズ ヨーロッパ土曜

オートスポーツweb 6月19日(日)13時11分配信

 2016年F1ヨーロッパGPの土曜予選で、ウイリアムズのフェリペ・マッサは6位、バルテリ・ボッタスは8位だった。

F1最新フォトコーナー

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ 予選=6位
 この予選結果には満足だ。予想していたよりずっとよかった。今週末はずっとマシンに苦しんできたからね。

 予選では自分の走り方もクルマ自体も改善することができた。Q3最後は少しラッキーだった。赤旗の前にタイムを出していたんだ。でもそれもレースの一部だよ。

 まだバランスには100パーセント満足しているわけではないし、最終コーナーで小さなミスをした。だからあと0.2秒は縮める余地はあったかもしれない。

 明日はいいレースができればいいね。かなりきついレースになると思う。このコースは完走の難しさではトップレベルかもしれないよ。GP2のレースでは約半数しかフィニッシュしなかった。だから明日は何が起きても賢く対応していく必要がある。

バルテリ・ボッタス 予選=8位
 今日はついてなかった。(排水溝のカバーが外れてクルマにヒットしたことで)FP3で走れず、それによって予選で苦労することになった。どのぐらい影響したかを具体的に言うのは難しい。ただ、ペースは悪くはなかったと思う。

 Q1とQ2で完璧なラップを走ることができなかった。こういう状況をすべて考えあわせると、僕らのペースはよかったと言っていいだろう。

 Q3は難しかったね。走行した2回ともひどいトラフィックの影響を受けた。本当ならあと0.5秒は見つけられたはずだ。

 でもレースペースはいい。明日はいい一日になると思う。

(予選中マックス・フェルスタッペンに追い抜きをかけて接触しかかったことについて)Q3の最初のランでは僕もチームもフェルスタッペンはダブルアウトラップを走っているのだと思った。彼らは週末を通してずっとそれをしていたからね。

 でもターン19/20で、彼はアタックラップに入るのかもしれないと思った。でもその時点ではもう引くことはできない。直線スピードをすべて失ってしまうからだ。僕にとって唯一の選択肢はオーバーテイクすることだった。それはできたけれど、彼のラップも自分のラップも台無しになった。

(2回目のランでは)全員がトラックポジションを争っていた。残された時間が少ないのは知っていたから、フェルスタッペンとの間に間隔を置く余裕はなかった。

 だからその時も僕としてはトラックポジションを取りに行き、オーバーテイクを試みるしかなかった。成功せず、僕自身のラップも彼のラップも台無しになった。すごく不運だったと思う。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)13時12分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]