ここから本文です

クビアト「大満足! こんな予選が今の僕には必要だった」:トロロッソ ヨーロッパ土曜

オートスポーツweb 6月19日(日)15時31分配信

 2016年F1ヨーロッパGPの土曜予選で、トロロッソのダニール・クビアトは7位、カルロス・サインツJr.は13位だった。

F1最新フォトコーナー

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 予選=7位
 いい一日を過ごせて、かなり満足だよ! クリーンなラップを何周か走れた。それはバクーでは簡単なことじゃない。トラブルのない予選は僕がどうしても必要としていたものだった。

 コースの状況が変わりやすく、路面の進化に適応していく必要があったので難しかったけれど、なんとかうまくやれた。いい仕事ができたと思う。
 
 明日もこの調子でいきたい。生き残って、十分にあるチャンスを確実に活用しなければならない。

 今日の予選はものすごく楽しめたよ。マシンについて着実に自信をつけているし、明日のレースを7位からスタートできるというのは、前向きな結果だ。

カルロス・サインツJr. 予選=13位
 僕にとってはがっかりな一日だった。金曜日は好調で、いい感触を抱いていただけに残念だ。

 今日は新しいブレーキを導入したら、あいにくブレーキングで昨日ほどの自信を感じられなくなってしまった。予選でマシンから最大限の力を引き出せなかった理由は、ここにあるのかもしれない……。その上、渋滞がひどいという要素もあったため、最終的にQ3に進出するのは不可能だった。

 明日、何ができるかを考えるよ。またうまくカムバックできるといいね。荒れたレースになることが考えられるので、賢い戦略と素早いピットストップで、うまくやれるはず! 明日は今日より絶対いい一日になるだろうから、楽観的な姿勢でいることが必要だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)15時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]