ここから本文です

ピレリが2019年までのF1タイヤサプライヤー継続を「正式発表」

オートスポーツweb 6月19日(日)21時1分配信

 ピレリはF1ヨーロッパGPが開幕した6月17日に、2019年シーズンまでF1のタイヤサプライヤーを継続することでFIAと合意し、契約を交わしたことを正式に発表した。

2017年ワイドタイヤのイメージ

 2015年ロシアGPで、ピレリとFOMはF1の商業権に関する契約を2019年まで3年間延長することで合意していたが、FIAとはテストに関する条件の交渉が続いていた。すでにモナコGPで契約延長と報道されたが、今回の正式発表によって、2019年までピレリの独占供給が確実となった。

 ピレリは、各チームの協力のもと、FIAとテクニカルレギュレーションの重要な変更点に関して合意を得たことを、あらためて発表。

 2017年シーズンより導入される、ボディワークやワイドタイヤなどテクニカルレギュレーションの変更に備え、今季のタイヤテストについて以下の合意が得られたことを確認している。

1:2012年、2013年、2014年仕様のマシンに2017年シーズンに向けたプロトタイプ要素(構造やコンパウンド)を加えた、現行サイズのタイヤを装着してテストを実施する。

2:モディファイした2015年マシンに、2017年サイズのプロトタイプタイヤを装着し、合計25日間のテストを実施する。2017年のタイヤサイズはフロントが幅305mm/外径670mm/13インチで、リヤは幅405mm/外径670mm/13インチ。

 1のテストについては、FIAおよび各チームとの合意に基づき、すでに開始されていること。また、2の2017年サイズのタイヤテストについては、FIAおよびテスト参加チームと合意済みのプログラムに従い、夏から開始予定と発表されている。


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月19日(日)21時1分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。