ここから本文です

瀬戸康史「中谷美紀さんの存在は大きかった」 ドラマ『できしな』を振り返る

クランクイン! 6月19日(日)8時0分配信

 TBS系の連続ドラマ『私、結婚できないんじゃなくて、しないんです』に出演していた瀬戸康史がドラマの撮影を振り返った。ファンからは「もうすでに諒太郎くんロスになっちゃいました。来週から見れないなんて寂しいです」などのコメントが寄せられた。

【関連】「瀬戸康史」フォトギャラリー


 愛嬌がある橋本諒太郎役を演じた瀬戸は、フェアリー男子の役作りに苦労したようで、監督やプロデューサーと何度も話し合いを重ねたという。また「中谷美紀さんの存在は大きかった。とても気さくで、常に周りが見えていて、完璧なんだけど時々垣間見えるお茶目さ。役者としてかなり刺激を受けましたし、最初こそ緊張しましたが、こちらを安心させくれる雰囲気を持っている人」と主演女優を絶賛した。

 ファンからは「特にフェアリー君と、つきあってる時が、とっても楽しかったなぁー」「中谷さんと同世代なので、夢をみさせてもらえて、諒太郎君ありがとう」「共感できる台詞がたくさんあり、納得して終わりました」「次はどんな瀬戸くんが見れるのかな~」などのコメントが相次いだ。

最終更新:6月19日(日)8時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。