ここから本文です

大地真央、黒木瞳との宝塚名コンビを振り返る「彼女じゃないとダメだった」」

クランクイン! 6/19(日) 10:35配信

 19日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、女優の大地真央と黒木瞳、演出家の小池修一郎が出演。大地と黒木は80年代に宝塚歌劇団をけん引した月組トップの名コンビ。1985年の女優転身後、2人は初めてのトーク番組での共演となった。

【関連】「宝塚歌劇」フォトギャラリー


 大地と黒木が宝塚時代、サヨナラ公演などの演出助手を務め、2014年に紫綬褒章を受章した小池が2人に初対面の印象を聞くと、先に入団していた大地は「皆、ひらひらしていたスカートを着ていた中で、(黒木は)1人だけタイトスカートだった。『うわあ、この人すごい』って思った」と振り返り、黒木は「1年生の秋の時に、私、映画を撮ったんですけど、シンガポールでの撮影だったんで、戻ってきたときに『黒いねえ』って言われたのを覚えています」と述懐していた。

 小池が「(大地は)芸事に関してはすごく厳しかった」と切り出すと、黒木は「1年生だったので大部屋の端っこにいたんです。真央さんはちょっと上級生なので、1番怖いのは江上(黒木の旧姓)さんって呼ばれたとき。その次が黒木さん、ショーコちゃんとかショーコ(黒木の愛称)のときは普通の伝達事項。4段階で恐さが違う」とエピソードを明かした。

 さらに黒木は「いつも大部屋で皆に聞こえるように注意していただいていた。それはそれで傷ついたり学んだりするんですけど、そのあとにご飯に連れて行っていただくんです。そのときに『私がなぜ、皆の前で注意するかわかる? ほかの人があなたに注意できないようにするのよ』ってお話をされるんです。だから2人きりのときはすごい優しかった。そのころ、20代だったんですよね。その齢でそういう指導するのはすごいなと思った」と熱弁。大地は「私は、(黒木と)コンビを組むときに、宝塚で一番になりたいと思っていた。ちょっとでも高みを目指していた。それにショーコはよくついてきてくれたし、彼女じゃないとダメだった」とそのときの心境を明かしていた。

 最後に小池が「女優として共演したいっていうのはない?」と2人に聞くと、黒木は「1回でいいから、(大地)の男役を見たいですね。そのときの恋人役をやりたい」と熱望。大地は「それはないわ」と否定するも、黒木は「もう一度、ご注意を受けたい」と笑顔を見せていた。

最終更新:6/19(日) 10:35

クランクイン!