ここから本文です

広島・鈴木が2試合連続サヨナラ弾! 有望な選手が多い「大谷・藤浪世代」

ベースボールキング 6月19日(日)11時5分配信

 同学年に活躍している選手が多いと『松坂世代』、『88年世代』などとまとめられることが多い。『大谷・藤浪世代』も将来的には2つの世代に負けないくらいの年代になりそうだ。

 大谷翔平(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)の2人は、高卒1年目から一軍で活躍しているが、今季は大谷、藤浪以外にも目立った働きを見せている。鈴木誠也(広島)がその一人だ。鈴木は12年ドラフト2位で広島に入団。2年目の14年に、36試合に出場して、打率.344を記録すると、昨季は開幕一軍を掴み97試合に出場した。

 今季は、故障で開幕一軍を逃したものの、4月5日に一軍昇格すると、同月26日のヤクルト戦で満塁弾を含む1試合2本塁打を記録。さらに6月5日のソフトバンク戦では1試合5安打の活躍をすれば、17日と18日のオリックス戦で2試合連続サヨナラ本塁打。規定打席にも到達し、現在リーグ4位の打率.312を記録する。ルーキー時代から首脳陣に高い評価を受けていた若鯉が、いよいよ大谷・藤浪らと世代を引っ張る存在になっていきそうだ。

 田村龍弘(ロッテ)は、“正捕手”として、2位のチームを引っ張る。ここ11試合連続して田村が先発マスクを被っているが、チームは10勝1敗の好成績を残す。特に投手陣は敗れた10日のヤクルト戦を除いて、3失点以内に抑えている。交流戦前の打率は.188と苦しんでいた打撃でも、交流戦に入ると6月4日のDeNA戦と11日のヤクルト戦で猛打賞をマーク。打率は2割4分台まで上昇し、交流戦だけに限ると、打率.365(52-19)を記録している。

 その他、昨季10勝を挙げた若松駿太(中日)、プロ4年目で初の開幕一軍を掴んだ北條史也(阪神)、1年目から32試合に出場している西川龍磨(広島)などがいる。

 またアマチュアでも昨年6月に行われたNPB選抜との壮行試合で7奪三振を記録した田中正義(創価大)を始め、全日本大学野球選手権の優勝に貢献した吉川尚輝(中京学院大)、大阪桐蔭高時代に藤浪に次ぐ存在だった沢田圭佑(立教大)など有望な選手が多い。

 高卒4年目でレギュラーとして活躍している選手が多く、今オフにプロ入りする大学生たちも、プロで結果を残すことができれば、『松坂世代』、『88年世代』に負けない“最強世代”となりそうだ。

BASEBALL KING

最終更新:6月19日(日)11時5分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]