ここから本文です

C・ロナがPK失敗で2戦連続の不発…ポルトガル、ドローで初白星ならず

SOCCER KING 6月19日(日)5時49分配信

 ユーロ2016・グループステージ第2節が18日に行われ、グループFでポルトガル代表とオーストリア代表が対戦した。

 初戦で初出場のアイスランドとまさかの引き分けに終わったポルトガル。対して、オーストリアも44年間ユーロで勝利のなかったハンガリー相手に敗戦を喫した。白星スタートを期待されていただけに、両チームとも今試合は負けが許されない。

 ポルトガルは、キャプテンのFWクリスティアーノ・ロナウドが先発出場で通算128試合目の出場を果たし、ルイス・フィーゴ氏と並んでいた同代表の通算最多出場記録を更新した。その他、FWナニやFWリカルド・クアレスマらがスタメン入り。対してオーストリアは、MFダヴィド・アラバ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのDFクリスティアン・フクスらが先発メンバーに名を連ねた。

 試合開始3分、オーストリアはマルセル・サビッツァーが右サイドからクロス。ゴール前に飛び出したMFマーティン・ハルニックが頭で合わせるが、シュートは枠の左に外れた。立ち上がりこそオーストリアがチャンスを作ったが、その後はポルトガルが攻勢に出る。

 ポルトガルは12分、ナニがペナルティエリア内左に抜け出して右足シュートを放つが、相手GKロバート・アルマーに阻まれる。22分、ラファエル・ゲレイロがナニとのワンツーでエリア内左に抜け出して折り返し。中央のC・ロナウドが合わせるが、枠の左に外れた。29分には、左サイドからのクロスに、ニアサイドのナニが頭で合わせるが、シュートは左ポストに弾き返された。前半はスコアレスで折り返す。

 後半55分、ポルトガルはC・ロナウドがエリア手前右でパスを受けて右足を振り抜く。相手DFの股を抜いた強烈なシュートはゴール右隅に飛ぶが、GKアルマーの好セーブに阻まれた。直後のCKでも、C・ロナウドが打点の高いヘディングシュートを放つが、GKアルマーに弾き返された。

 劣勢のオーストリアは65分、アラバを下げてアレッサンドロ・シェプフを投入。直後、ポルトガルはエリア手前右のFKでC・ロナウドが直接狙うが、シュートは枠を捉えられなかった。

 79分、ポルトガルに絶好のチャンスが訪れる。C・ロナウドが敵陣エリア内でマルティン・ヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。自らキッカーを務めたC・ロナウドがゴール左へ蹴るが、ポスト直撃でまさかのPK失敗に終わった。85分には右サイドからのクロスに、中央のC・ロナウドが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、スコアレスドローで終了した。この結果、ポルトガルはグループステージ2試合を終えて2分の勝点「2」。オーストリアは1分1敗で勝点「1」となった。次節、ポルトガルは22日にハンガリーと、オーストリアは同日にアイスランドと対戦する。

【スコア】
ポルトガル代表 0-0 オーストリア代表

SOCCER KING

最終更新:6月19日(日)6時26分

SOCCER KING

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。