ここから本文です

聖望学園、PK戦の末に正智深谷を下しインターハイ出場決定

SOCCER KING 6月19日(日)13時18分配信

 平成28年度全国高校総合体育大会埼玉県予選準決勝(インターハイ予選)が19日に行われ、正智深谷高校と聖望学園高校が対戦した。

 序盤、正智深谷はMF須藤寿音、萩原駿によるサイドアタックを狙うも聖望学園の統率された最終ラインによりオフサイドを連発し、思うように攻撃を展開できず。一方の聖望学園も、正智深谷の守備陣の前になかなかシュートチャンスを作れない。

 そんな中、最初に決定機を迎えたのは正智深谷。DFのパスをインターセプトした萩原がGKとの一対一を迎える。しかし、ここは聖望学園GK山田浩希が体を張ったセーブで得点を許さない。そのままスコアは動かず、両チームスコアレスで前半を折り返した。

 後半開始から、正智深谷はFW玉城裕大、田島帆貴を同時投入。攻撃的な采配で先制点を目指す。54分、正智深谷は須藤の浮き球パスにMF海老塚宝良が合わせゴールネットを揺らすも、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。

 その後は互いに決定機が訪れず、0-0のまま80分を終えて試合は延長戦に突入。延長前半6分、聖望学園は右サイドからのクロスにFW河野陸が頭で合わせるも、シュートはGKがキャッチ。延長後半にはスルーパスに抜け出した正智深谷FW梶谷政仁が決定機を迎えるも、またもGK山田のビッグセーブに阻まれた。結局、延長戦でも決着はつかず勝敗の行方はPK戦に委ねられた。

 先攻の聖望学園は4人目までに3人が成功し、正智深谷は3人が失敗。PK戦を3-1で制した聖望学園がインターハイ出場を決めた。

【スコア】
正智深谷高校 0-0(PK 1-3) 聖望学園高校

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)12時43分

SOCCER KING