ここから本文です

昌平が狭山ヶ丘とのPK戦に勝利…全国への切符を手にする

SOCCER KING 6月19日(日)15時56分配信

 平成28年度全国高校総合体育大会埼玉県予選準決勝(インターハイ予選)が19日に行われ、狭山ヶ丘高校と昌平高校が対戦した。

 先制したのは狭山ヶ丘。16分、FW小川大智がフィジカルの強さを生かしたドリブルで相手守備網を強引に突破しシュートを放つ。昌平GK緑川光希が一度は弾くも、こぼれ球にMF野村悠太が反応し、ゴールネットを揺らした。対する昌平は前半終了間際にハンドによるPKを獲得。これをMF松本泰志が確実に決めて追いつくことに成功する。試合は1-1で前半を折り返した。

 50分、昌平は松本が左サイドをドリブルで突破しシュートを狙うも、これはバーの上。70分にはMF星野蒼馬がGKを交わしてシュートを放つが、DFにブロックされる。一方の狭山ヶ丘は攻め手を欠き、なかなか自分たちの時間を作れないながらも、集中した守備で逆転弾を許さない。結局、80分では決着がつかず延長戦へ。

 延長戦では前後半を通して攻める昌平と守る狭山ヶ丘という構図が続く。しかし、狭山ヶ丘の必死のディフェンスの前に昌平は得点を奪えない。結局、試合はPK戦までもつれ込んだ。

 先攻の狭山ヶ丘は2人が失敗、昌平は全員が成功した。この結果、昌平が準決勝を突破し全国への切符を手にした。

【スコア】
狭山ヶ丘高校 1-1(PK 2-4) 昌平高校

【得点者】
1-0 16分 野村悠太(狭山ヶ丘)
1-1 40+1分 松本泰志(昌平)

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)12時42分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]