ここから本文です

PK失敗のC・ロナウド、2戦未勝利も「信じ続けなければならない」

SOCCER KING 6月19日(日)13時15分配信

 ユーロ2016・グループステージ第2節が18日に行われ、ポルトガル代表はオーストリア代表と0-0で引き分けた。FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)のコメントをUEFA(欧州サッカー連盟)公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

 ポルトガルは主将のC・ロナウドを中心に攻め込んだが、相手GKの好守もありなかなか得点が奪えない。79分にはC・ロナウドがPKを獲得したが、これを左ポストに当ててしまい、絶好のチャンスを逃す。結局このままスコアレスドローに終わり、2戦未勝利となった。

 この日、通算128試合目の出場を果たし、ルイス・フィーゴ氏と並んでいた同代表の通算最多出場記録を更新したC・ロナウドは、「代表で歴代最多出場と歴代最多ゴールの記録を達成することを目標としていた。誇らしいことだ」と喜びつつ、「ただ、こういった試合で記録を更新することになったのは残念だね。僕らは勝利を求めていたし、思い描いていた結果にはならなかった」と、勝利で記録に華を添えることができなかったことを悔やんでいる。

 試合については、「いいサッカーができていたし、チャンスはたくさんあったけど、決めることができなかった。僕自身も、PKをはじめ、いくつかチャンスを逃してしまった。でも、それもサッカーの一部だよ」と、内容は悪くなかったものの、決定力を欠いたことを嘆いた。

 グループEはハンガリー代表が勝ち点「4」で首位、アイスランドとポルトガルが同「2」で、オーストリアが同「1」となっている。C・ロナウドは、「僕らは信じ続けなければならない。そして、応援してくれたファンに感謝しなくちゃいけないね。次の試合でもポルトガルはベストを尽くす。必ずできると信じている」と、22日に行われるハンガリー戦での勝利を誓った。

SOCCER KING

最終更新:6月19日(日)13時15分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]