ここから本文です

C・ロナが今季5度目のPK失敗…年間決定率は約6割で自己最低に

SOCCER KING 6月19日(日)14時19分配信

 ユーロ2016・グループステージ第2戦が18日に行われ、ポルトガル代表はオーストリア代表と0-0のスコアレスドロー。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはこの試合でPKを失敗し、今シーズンのPK成功率が自己最低の数値となった。18日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 試合は両チーム無得点で迎えた79分、C・ロナウドが敵陣エリア内でマルティン・ヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。自らキッカーを務めたC・ロナウドがゴール左へ蹴るが、ポスト直撃でまさかのPK失敗に終わった。再三あったチャンスを決められず、ポルトガルは2試合連続の引き分けでグループFの3位となっている。

 同メディアによると、C・ロナウドは今シーズンPKのキッカーを務めたのは、ポルトガル代表とレアル・マドリード合わせて公式戦で13回。オーストリア戦でのPK失敗が5度目となり、成功率は61.5パーセントとなった。

 これはPKのキッカーを務めるようになってから、自己最低の年間PK成功率。最も成功回数が多かったのは2011-12シーズンの15回で、2005-06シーズン、2008-09シーズン、2010-11シーズンには成功率100パーセントを達成している。通算では86回PKを決めており、84.3パーセントの決定率を誇っている。

■C・ロナウドのシーズン別PK成功率(カッコ内は成功回数、失敗回数)

2015-16シーズン 61.5%(8回成功、5回失敗)
2014-15シーズン 82.2%(14回成功、3回失敗)
2013-14シーズン 90.9%(10回成功、1回失敗)
2012-13シーズン 87.5%(7回成功、1回失敗)
2011-12シーズン 88.2%(15回成功、2回失敗)
2010-11シーズン 100%(9回成功、0回失敗)
2009-10シーズン 80%(4回成功、1回失敗)
2008-09シーズン 100%(6回成功、0回失敗)
2007-08シーズン 75%(6回成功、2回失敗)
2006-07シーズン 83.3%(5回成功、1回失敗)
2005-06シーズン 100%(2回成功、0回失敗)

SOCCER KING

最終更新:6月19日(日)14時19分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]