ここから本文です

流経大が両ステージ制覇へ好発進、栃木ウに3得点を奪い勝利/JFL 2nd第1節

SOCCER KING 6月19日(日)21時1分配信

 第18回日本フットボールリーグ2ndtステージ第1節が6月18日(土)に1試合、同19日(日)に7試合が開催。2週間ぶりにリーグ戦が再開した。

 ファーストステージ1位の流経大ドラゴンズ龍ケ崎は、栃木ウーヴァFCと対戦。試合をスコアレスで折り返したが、横地貴徳が52分に左足で55分に頭で決めてリードを奪うと、83分に石田和希が勝利を決定づける3点目を決めて流経大が両ステージ制覇に向けて好スタートを切った。

 ファーストステージ2位のFC大阪は、ラインメール青森とアウェイで対戦。56分に青森の河端和哉が退場となり、数的優位となったFC大阪だったが、72分に失点を許して0-1で敗れた。ファーストステージ最終節に続きFC大阪は2試合連続の完封負け。

 アスルクラロ沼津とMIOびわこ滋賀の一戦は、互いに3ゴールずつを奪い3-3のドロー。東京武蔵野シティFCはブリオベッカ浦安に18本のシュートを浴びながらも、後半に2ゴールを奪い白星を手にしている。

 J3への加盟は「J3スタジアム要件」、「J3クラブライセンス基準」に関する審査、入会審査に合格した上でJFLでの年間順位が4位以内で、Jリーグ百年構想クラブのうち上位2クラブに入っていることが条件。2016年度のJFL参加クラブで百年構想クラブは、八戸、沼津、奈良、武蔵野、栃木ウの5クラブとなっている。

▼ファジアーノ岡山ネクスト 1-2 FCマルヤス岡崎
得点
1-0 17分 渡部亮武(岡山N)
1-1 41分 地主園秀美(岡崎)
1-2 42分 正治崇寧(岡崎)

▼ソニー仙台FC 1-2 ヴェルスパ大分
得点
0-1 55分 杉本恵太(ヴ大分)
1-1 71分 藤原元輝(ソニー)
1-2 82分 杉本恵太(ヴ大分)

▼ヴァンラーレ八戸 1-1 ホンダロックSC
得点
0-1 11分 坂本翔(ホンダ)
1-1 39分 村上聖弥(八戸)

▼Honda FC 2-1 奈良クラブ
得点
1-0 22分 宮内啓汰(Honda)
1-1 24分 山田卓也(奈良)
2-1 36分 原田開(Honda)

▼アスルクラロ沼津 3-3 MIOびわこ滋賀
得点
1-0 5分 薗田卓馬(沼津)
2-0 21分 青木翔大(沼津)
2-1 48分 坂本一輝(滋賀)
2-2 64分 坂本一輝(滋賀)
3-2 81分 太田一輝(沼津)
3-3 82分 久保賢悟(滋賀)

▼流経大ドラゴンズ龍ケ崎 3-0 栃木ウーヴァFC
得点
1-0 52分 横地貴徳(流経大)
2-0 55分 横地貴徳(流経大)
3-0 83分 石田和希(流経大)

▼ラインメール青森 1-0 FC大阪
得点
1-0 72分 三田尚希(青森)

▼ブリオベッカ浦安 0-2 東京武蔵野シティFC
得点
0-1 77分 石原幸治(武蔵野)
0-2 83分 永露大輔(武蔵野)

▼得点ランキング
11得点 竹中公基(浦安)
10得点 川西誠(FC大阪)
9得点 坂本一輝(滋賀)
8得点 有間潤(ソニー)
7得点 村上聖弥(八戸)

▼セカンドステージ第2節
6月25日(土)13:00
FC大阪 vs ヴァンラーレ八戸
14:00
東京武蔵野シティFC vs ファジアーノ岡山ネクスト
6月26日(日)13:00
奈良クラブ vs ブリオベッカ浦安
ホンダロックSC vs ソニー仙台FC
ヴェルスパ大分 vs アスルクラロ沼津
栃木ウーヴァFC vs ラインメール青森
15:00
MIOびわこ滋賀 vs Honda FC
15:30
FCマルヤス岡崎 vs 流経大ドラゴンズ龍ケ崎

SOCCER KING

最終更新:6月19日(日)21時1分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]