ここから本文です

[EURO]C・ロナウドが痛恨のPK失敗…ポルトガル、オーストリアの堅守崩せず2戦連続ドロー

ゲキサカ 6月19日(日)5時55分配信

[6.18 EURO F組第2節 ポルトガル 0-0 オーストリア パリ]

 EURO2016は18日、グループリーグ第2節4日目を行い、F組ではポルトガル代表とオーストリア代表が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半もスコアが動かずに0-0のドローに終わった。第3節は22日に行われ、ポルトガルはハンガリー、オーストリアはアイスランドと対戦する。

 ともに初戦で勝利を逃した両チーム(ポルトガルはアイスランドと1-1、オーストリアはハンガリーに0-2)の対戦は、前半3分にオーストリアが好機を迎える。右サイドからDFアレクサンダル・ドラゴビッチが送ったクロスからFWマルティン・ハルニクがゴール前でフリーになるが、ヘディングで合わせたシュートはゴール左に外れた。

 一方のポルトガルも前半12分に決定機を創出する。FWクリスティアーノ・ロナウドのスローインを受けたFWナニが相手DFをかわしてPA内に運んだが、シュートはGKロバート・アルマーに左足1本で阻まれてしまった。

 主導権を握るポルトガルがその後もオーストリアゴールに迫るが、前半22分に左サイドを突破したDFラファエル・ゲレイロのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んだC・ロナウドが合わせたシュートは枠を捉え切れず。さらに同29分にはMFアンドレ・ゴメスが送ったクロスをナニがドンピシャのタイミングでヘッドで合わせたが、ボールはポストに弾かれて先制点を奪うには至らなかった。

 0-0のまま迎えた後半もポルトガルが攻勢を掛けるが、後半10分にPA外でボールを受けたC・ロナウドが左足の強烈なミドルシュートでゴールを脅かすも好反応を見せたアルマーに弾き出される。さらに同11分にはFWリカルド・クアレスマが蹴り出したCKをC・ロナウドがヘディングで叩き付けるも、またもやアルマーにストップされてしまった。

 なかなかオーストリアゴールをこじ開けられないポルトガルだったが、後半33分にPA内でC・ロナウドがDFマルティン・ヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。しかし、C・ロナウド自らが狙ったシュートは左ポストを叩き、先制のチャンスを逃してしまった。

 その後もポルトガルが押し込む時間帯が続いたが最後までゴールは生まれず。0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、勝ち点1を分け合った。

最終更新:6月19日(日)6時13分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。