ここから本文です

痛恨PK失敗…C・ロナウド「それもサッカーの一部」

ゲキサカ 6月19日(日)11時36分配信

[6.18 EURO F組第2節 ポルトガル 0-0 オーストリア パリ]

 自らの記念試合を勝利で飾ることは出来なかった。ポルトガル代表はオーストリア代表と0-0で引き分け、2戦連続のドロー。『uefa.com』によると、ルイス・フィーゴ氏を超える同国の通算Aマッチ出場記録を128試合に更新したFWクリスティアーノ・ロナウドは、「このような試合で記録を更新することになったのは少し残念だ」と声を落とした。

 ポルトガルの総シュートは10本。そのうち6本が枠内を捕らえたが、ゴールネットを揺らすことはなかった。ロナウドも積極的にシュートを放ったが、何度もGKロバート・アルマーの好セーブに遭ってしまう。そして後半33分には自ら得たPKを蹴るが、左ポストに当てて最大の決定機を外してしまった。1-1で引き分けた初戦のアイスランド戦後に「まるでEUROかなにかを征したかのように喜んでいたね。ちっぽけなメンタリティだ」と相手を痛烈に批判していたロナウドだが、この日も堅守を崩すことは出来なかった。

 そんなロナウドには、代表でのFKゴールから遠ざかっていることや、今回のPK失敗で批判の声が集まっている。しかしロナウド自身は「それもサッカーの一部だ」と悲観する様子はない。「僕らは信じ続ける必要がある」と切り替えの重要性を説くと、「次の試合でもポルトガルはベストを尽くすと僕は確信している。やろうとすれば必ずできるものさ」と次戦の必勝を誓った。

 ポルトガルは現在、勝ち点2で3位。ただF組は混戦となっており、22日のハンガリーとの第3戦に勝利すれば、首位通過の可能性も残っている。

最終更新:6月19日(日)11時46分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]