ここから本文です

[コパ・アメリカ]王者チリが4強最後の椅子、22戦無敗のメキシコに圧巻勝利

ゲキサカ 6月19日(日)12時56分配信

[6.18 コパ・アメリカ準々決勝 メキシコ0-7チリ サンノゼ]

 チリ代表が4強最後の切符を手にした。メキシコ代表と対戦したチリは、FWエドゥアルド・バルガスが4得点を決めるなど、7-0で圧勝。前年大会優勝の王者が、22日にコロンビアと激突する準決勝進出を決めた。

 試合は予想に反して一方的な展開になった。前半16分に30歳FWエドソン・プッチの代表初ゴールで先制したチリは、同44分にもFWアレクシス・サンチェスのアシストからバルガスが得点し、リードを広げる。

 後半に入っても勢いを継続させるチリは4分にMFアルトゥーロ・ビダルのアシストからサンチェスが決めてゴールラッシュを再開。同7分と同12分にはバルガスが立て続けに得点を奪うなど、集中力の切れたメキシコに襲い掛かった。

 後半29分にはブッチのシュートがポストに跳ね返ったこぼれ球をバルガスが押し込み、1試合4点目と大爆発。同43分にはゴール前での余裕の崩しからブッチがこの日2点目を決めた。昨年6月28日のコスタリカとの親善試合(△2-2)から国内記録の22戦無敗を続けていたメキシコを、7発で粉砕した。

最終更新:6月19日(日)12時57分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。