ここから本文です

[コパ・アメリカ]4強はアメリカ、アルゼンチン、コロンビア、チリ

ゲキサカ 6月19日(日)13時15分配信

 コパ・アメリカの準決勝進出チームが出揃った。準決勝ではホスト国のアメリカ代表がアルゼンチン代表と、前回王者のチリ代表がコロンビア代表と対戦する。

 アメリカ対アルゼンチンは21日(日本時間22日10時)にヒューストンで行われる。主力を出場停止で欠くアメリカが、FWリオネル・メッシが復帰したアルゼンチン相手にどのような戦いができるのか。ただ、アメリカは中4日、アルゼンチンは中2日と日程面での優位性があり、さらにホームの大声援も期待できることから、アメリカの番狂わせの可能性もありそうだ。

 22日(日本時間23日9時)に行うもう1試合では、コロンビアとチリが激突する。準々決勝をPK戦で勝ち上がるなど勝負強さを見せるコロンビアと、準々決勝でメキシコ相手に7得点を決める圧勝劇を見せたチリの対戦は、好ゲームになること必至だ。またチリとアルゼンチンが勝ち上がれば、昨年度大会の決勝の再現となる。話題性十分のコパ・アメリカから目が離せない。

【準決勝】
(6月22日)
アメリカ 10:00 アルゼンチン [ヒューストン]

(6月23日)
コロンビア 9:00 チリ [シカゴ]

【3位決定戦】
(6月26日)
未定 9:00 未定 [フェニックス]

【決勝】
(6月27日)
未定 9:00 未定 [ニュージャージー]

※試合時間は日本時間

最終更新:6月19日(日)13時24分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。