ここから本文です

レスターに朗報、MVPバーディは残留か…ベンゲル監督が白旗宣言

ゲキサカ 6月19日(日)22時55分配信

 イングランド代表FWジェイミー・バーディは来季もレスター・シティでプレーすることになるのだろうか。

 バーディは一時、アーセナルへの移籍が濃厚とみられていた。アーセナルも今季のプレミアリーグMVPに対し、2000万ポンド(約30億円)と言われる解除金を払う準備を進めていた。

 ただ、ここに来て一転、残留に向かっているとの見方が強まってきている。レスターの粘り強い残留交渉もプラスに働いているとみられる。

 そして、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、中国メディア『Tencent Sports』のインタビューに対し、「私の知る限りでは彼はレスターに残ることになる」と獲得見送り宣言とも取れる発言をしたという。

 またバーディは現在参加しているEURO2016の戦いを終えた後に、昨年9月から痛めていた右手首の手術を受ける見込み。『インディペンデント』によると、同選手は昨年9月から負傷が完治しないまま、患部をサポーターで覆ってガードし、プレーを続けていたのだという。

 リハビリには術後3週間程度を見込んでいる。復帰後はFW岡崎慎司らと同じピッチに戻ることになるのだろうか。

最終更新:6月19日(日)23時1分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。