ここから本文です

キム・セヨンが今季2勝目 野村敏京は5度目のトップ10

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月20日(月)6時34分配信

◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック 最終日◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6414yd(パー71)

百花繚乱!米国女子ツアーフォトギャラリー

通算17アンダーの首位タイでホールアウトしたキム・セヨン(韓国)とカルロタ・シガンダ(スペイン)の2人によるプレーオフに突入。18番で行われた1ホール目、シガンダがボギーとしたのに対し、キムがバーディで勝負を決した。3月の「JTBCファウンダーズカップ」に続く今季2勝目、ツアー通算5勝目を遂げた。

通算15アンダーの3位にチョン・インジ(韓国)。世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)、同4位のレクシー・トンプソンが、通算14アンダーの4位に続いた。

11位から出た野村敏京は2バーディ、1ボギーの「70」にとどまり、通算10アンダーの9位。今季5度目のトップ10フィニッシュとした。上原彩子は4バーディ、2ボギーの「69」でプレーして、通算4アンダーの36位で4日間を終えた。

【最終成績】
優勝/-17/キム・セヨン
2/-17/カルロタ・シガンダ
3/-15/チョン・インジ
4T/-14/リディア・コー、レクシー・トンプソン
6/-13/ユ・ソヨン
7/-12/フォン・シャンシャン
8/-11/アサハラ・ムニョス
9T/-10/野村敏京、林シユ、P.K.コンクラファン、アメリア・ルイス

最終更新:6月20日(月)7時11分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]