ここから本文です

主宰・鈴木聡が語るラッパ屋最新作『筋書ナシコ』

チケットぴあ 6月20日(月)10時45分配信

ラッパ屋第42回公演『筋書ナシコ』が、6月紀伊國屋ホールで上演中だ。劇団ラッパ屋による1年ぶりの新作公演について、劇団の主宰であり、脚本・演出を担当する鈴木聡に話を聞いた。

本作の主人公は、40代の女性・ナシコ。個人も社会もビジョンの見えないこの時代で、ナシコが「人生の筋書き」を求めての七転八倒を、笑いとアイロニーたっぷりに描く……予定だが、実際の“筋書き”は「まだ完成してない」と鈴木は笑う。「ナシコさんは、これからの人生に筋書きがないと悩んでいる。そんな中でいろんな人と出会い、ある筋書きが生まれては消え、また別の筋書きが生まれては消え、最後はどの筋書きになるんでしょう、というお話です」。

鈴木自身、「演劇集団てあとろ'50」で脚本・演出を担当した大学時代を経て、大手広告代理店に勤める傍ら、劇団を立ち上げるという独特の“筋書き”の持ち主。その後、演劇中心に絞るまでは二足の草鞋でやってきた。「僕らの世代はある意味とてもいい時代だったんですよね。高度経済成長があってバブルがあって。だから『なんとかなるだろう』と思って深く考えなかった。僕は今好きなことができているという意味ではよかったとも思うんですけど、それがこういうことなんだろうかとか、自分がやろうとしていたことは今やっていることなのだろうかということは、まだ考える。その点、今の若者の方がちゃんとしてる感じがします。厳しい時代だからだとも思うんですけど、自分の目標を決めて、それに向かっての努力している人が多い。今回の筋書きナシコはギリギリ僕たち側。おもしろいことに対して非常に直観的に、ある意味正直にやってきた人だけど、今ふと立ち止まっている感じですね」。

生きてきた時代が色濃く出るナシコの姿は、共感や驚きなど、世代によって反応が分かれそうだが、その先に描きたいのは“希望”だという。「コメディですから。最後には希望みたいなものを見せたい。ちょっと視点が変わるとか自由になるとか、そういうことかもしれないけど、そこに至りたいんですよね」。

「笑いながら大事なことを一緒に考えるような作品になると思います。人生の筋書きがある人もない人も、見つけたい人も考え直したい人も、ぜひ観に来てください。筋書きを見つけるヒントを発見していただければ嬉しいです」。

ラッパ屋第42回公演『筋書ナシコ』は、6月18日(土)から26日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールにて、7月17日(日)北九州芸術劇場にて。

最終更新:6月20日(月)10時45分

チケットぴあ