ここから本文です

京都コンサートホールの〈子どものための“音楽のトビラ”〉第5回目はチェロとピアノの“技あり”対決

CDジャーナル 6月20日(月)17時7分配信

 子どもたちが“音楽のトビラ”を開く機会を提供する、京都コンサートホール アンサンブルホールムラタでのコンサート・シリーズ〈子どものための“音楽のトビラ”〉。同シリーズ第5回目となる公演〈子どものための“音楽のトビラ” 聴いてびっくり!見てびっくり!チェロとピアノの“技あり”対決〉が7月26日(火)に開催されます。

 テレビなどで見聞きする機会も多いチェロとピアノ。本公演では、たとえば旋律を美しく歌い上げたり指で弦をはじいたりするチェロの“技”や、黒鍵でメロディを弾いたり手をすべらせて弾いたりするピアノの“技”など、それぞれの楽器のさまざまな弾き方を見て楽しむことができ、名曲に隠された秘密が解き明かされます。

 出演は、京都出身で東京都交響楽団首席チェロ奏者を務める古川展生と、2002年第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝した実力派ピアニストの菊池洋子。名手ふたりによる“技”の競演を体感できる、子どもも大人も楽しめる内容となっています。

最終更新:6月20日(月)17時7分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。