ここから本文です

全米2歳女王ソングバード無敗の8連勝 次走牡馬挑戦も

netkeiba.com 6月20日(月)16時39分配信

 目標としていたGIケンタッキーオークス(d9f)を熱発のため回避して休養していた、昨年の全米2歳牝馬チャンピオン・ソングバード(牝3、父メダグリアドロー)が、18日に地元カリフォルニア州のサンタアニタで行われたGIIサマータイムオークス(d8.5F)で2か月半ぶりに戦列に復帰。3コーナーからほとんど馬なりのままライバルたちを突き離すいつもの競馬で、後続に6.1/2馬身差をつけて快勝。デビューから継続している無敗の連勝記録を“8”に伸ばした。

 2歳牝馬女王決定戦のGIBCジュヴェナイルフィリーズ(d8.5F)を5.3/4馬身で制したのを含めて、圧倒的な内容で連勝を続けるソングバード。

 注目の次走について、管理するジェリー・ホレンドルファー調教師は「東海岸への遠征を含めて、複数のレースが候補に挙がっている」とコメント。その上で、牝馬限定戦にこだわる姿勢を見せている同師は、7月23日にサラトガで行われるGICCAオークス(d9F)を「最も可能性の高いレース」として挙げている。

 その一方で、馬主のリック・ポーター氏は、7月31日にニュージャージー州のモンマスパークで行われるGIハスケル招待(d9F)に強い興味を示していると伝えられており、ファンの間では春先から待望論の出ている「ソングバードの牡馬挑戦」が、次走でいよいよ実現する可能性もありそうだ。

(文:合田直弘)

最終更新:6月20日(月)16時39分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。