ここから本文です

ダスティン・ジョンソンがメジャー初V 宮里優作23位 谷原秀人51位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月20日(月)9時30分配信

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 最終日◇オークモントCC(ペンシルベニア州)◇7219yd(パー70)

難関オークモントでの4日間「全米オープン」フォトギャラリー

第3ラウンドの未消化ホールと最終ラウンドを行った。4打差を追って2位から最終ラウンドを出た世界ランク6位のダスティン・ジョンソンが、3バーディ、2ボギーの「69」でプレーして、通算4アンダーで逆転優勝した。ツアー通算10勝目を悲願の初メジャータイトルで飾った。最終ホールで3パットを喫して優勝を逃した昨年大会の雪辱を果たした。

首位から出たシェーン・ローリー(アイルランド)は、ジム・フューリック、スコット・ピアシーと並んで、通算1アンダーの2位。通算イーブンパーの5位でセルヒオ・ガルシア(スペイン)、ブランデン・グレース(南アフリカ)が続いた。

21位スタートの宮里優作は1イーグル1バーディ、5ボギー、1ダブルボギーの「74」とスコアを落とし、通算7オーバーの23位。谷原秀人は2バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」でプレーして、通算12オーバーの51位でフィニッシュした。

【最終成績】
優勝/-4/ダスティン・ジョンソン
2T/-1/ジム・フューリック、シェーン・ローリー、スコット・ピアシー
5T/E/セルヒオ・ガルシア、ブランデン・グレース
7/+1/ケビン・ナ
8T/+2/ジェイソン・ダフナー、ザック・ジョンソン、ジェイソン・デイ、ダニエル・サマーヘイズ

23T/+7/宮里優作
51T/+12/谷原秀人

最終更新:6月20日(月)15時42分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。