ここから本文です

宝塚記念・ラブリーデイ陣営「昨年より馬体のバランスがよくなった」

netkeiba.com 6月20日(月)19時3分配信

 昨年の覇者・ラブリーデイが調子をあげている。栗東トレセンは全休日にあたる20日、担当の山元助手はいつもどおり愛馬の手入れをしながら「とてもいいかんじ」と笑顔をみせた。

「具合はかなりいいですね。馬体は昨年より全体のバランスがよくなったように思います」

 昨年の宝塚記念はその年6戦目のレースだったが、今年は3戦目。香港での競馬をはさんでいるとはいえ、こなしているレース数は少ない。

「昨年はあれだけ走っても元気いっぱいでした。もともと使ってよくなるタイプ。時期的にも暖かくなって汗をかくような季節のほうが合っていますね」

 気になるのは馬場状態。ラブリーデイは道悪はこなすが、歓迎というタイプではない。前走の香港QEII世Cでは、発表こそ良馬場だったが実際にはかなり悪かったそうだ。

「香港ではかなり雨が降っていて、馬場はかなり悪かったですね。しかも、いちばん馬場の悪い内側をずっと走っていたのでスタミナも消耗しましたね。それでも大きくは負けていませんから。失望はしていません」

 昨年の宝塚記念も季節柄、それほどいい馬場状態とは言えなかった。

「それでも結果を出しましたからね。スピード決着でなくても走れますし、今年も少々の雨ならこなしてくれるでしょう」

 鞍上はルメール騎手。昨年の天皇賞(春)以来3回目のコンビとなる。

「ラブリーデイは2、3番手からレースを進めてゴール前でとらえるという競馬がいちばん合っています。もともとジョッキーを選ぶタイプではないですし、ルメール騎手とも合っています。あとは、週末が極端に雨が降らないことを祈ります」

(取材:花岡貴子)

最終更新:6月20日(月)19時12分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]