ここから本文です

阪和線用新型「225系」7月から運転開始 来年度までに122両投入

THE PAGE 6月20日(月)20時1分配信

阪和線に作られた新型車両「225系」の改良版 2016年3月14日報道公開時撮影分 THEPAGE大阪

 JR西日本は20日、阪和線に作られた新型車両「225系」の改良版の運転を7月1日から開始すると発表した。同社では同日時点で28両を投入するが、2017年度までに122両を投入するとしている。

【写真特集】阪和線用の新型車両「225系」改良版

行先種別表示のカラーLED化

 同社によると、中期経営計画2017で魅力ある近畿エリア創造を目指す中、その一環としてこの車両の投入に至ったという。営業運転区間は阪和線(天王寺~和歌山駅間)、大阪環状線(天王寺~大阪~天王寺駅間)、関西空港線(日根野~関西空港駅間)となっている。

 鉄道ライターの伊原薫さんによると、同車両は先頭形状が広島地区で走っている227系と同様で、行先種別表示のカラーLED化などが施されている。また、客室内照明のLED化や車内Wi-Fi、スムーズに開閉できるアシストレバー付貫通扉などが設置されている。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.5064302087512&lon=135.38202132929015&z=11

最終更新:6月20日(月)20時24分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。