ここから本文です

ジャズDJ、大塚広子がサラヴァ音源をコンパイルした『JAZZ EXTRACT OF SARAVAH』リリース

CDジャーナル 6月20日(月)17時7分配信

 ワン&オンリーの“JAZZのグルーヴ”を生み出すDJ、大塚広子が、2016年で創設50周年となるフランスの名門インディーズ・レーベル“サラヴァ”が誇る豊富なカタログの中から、ジャズ・スピリットが感じられる音源をコンパイルしたアルバム『JAZZ EXTRACT OF SARAVAH~SELECTED BY HIROKO OTSUKA』(RPOZ-10024 2,400 円 + 税)を6月22日(水)にリリース。

 フランス映画『男と女』の音楽と出演で著名なピエール・バルーが主宰するサラヴァ。大塚はサラヴァ特有のディープネスとモダンな感覚を手作りコラージュのようにシャッフルし、まったく新しいサラヴァ・ジャズ観を提示しました。世界初CD化3曲、日本初CD化5曲を収録し、サラヴァの新たな魅力を発見できるコンピレーションです。

最終更新:6月20日(月)17時7分

CDジャーナル