ここから本文です

カドカワが“2016年夏アニメの視聴意向”を発表 見たいアニメの第1位は『アルスラーン戦記 風塵乱舞』に!

ファミ通.com 6月20日(月)10時2分配信

●2016年夏の注目アニメは?
 カドカワは、全国47都道府県の男女を対象に実施した“2016年夏アニメの視聴意向”の調査結果を発表した。

以下、リリースより。

----------

~エンタメ消費者動向の定期サービス『eb-i Xpress』~
2016年夏アニメ番組の視聴意向を発表!
第1位は「アルスラーン戦記 風塵乱舞」、第2位は「ベルセルク」。
 カドカワ株式会社は、映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽などエンターテイメントの最新消費者動向を独自のユーザー調査から読み解く、企業向け定期サービス『eb-i Xpress』(イー・ビー・アイ・エクスプレス)を配信しています。今回『eb-i Xpress』では、全国47都道府県在住の男女を対象に、2016年7月に放送開始が予定されている夏アニメ番組の視聴意向について、実態調査を行いました。

【2016年夏アニメ番組の視聴意向 総合ランキングTOP10】
※2016年7月に開始する各アニメ番組の中から、“視聴したい”と選択した作品を集計。


(n=12169 集計期間:2016年5月23日~5月24日/出典:eb-i Xpress)

●この夏視聴したいアニメ番組第1位は、「アルスラーン戦記 風塵乱舞」!
 今回の調査で最も視聴意向が高かった夏アニメ番組は、「アルスラーン戦記 風塵乱舞」となりました。「アルスラーン戦記」は、田中芳樹氏による大河ファンタジー小説を原作に、荒川弘氏が描いた漫画をアニメ化した作品。2015年9月に終了した第1期から9ヵ月を空けてのアニメ第2期放送となります。第1期放送時に当社が実施した視聴動向調査でもトップの視聴結果を残した人気シリーズだけに、男女・世代を問わず、幅広い層の支持を集めました。
 そのほかのアニメ番組では、30~40代を中心に、男性からの圧倒的な得票を集めた「ベルセルク」が第2位にランクイン。第6位の「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」も男性支持が大半となっています。全体的な傾向として、上位7位までの番組について、女性よりも男性からの得票が多くなっており、今回放送予定の夏アニメ番組には男性から支持される作品が多いことが伺えます。

【「アルスラーン戦記 風塵乱舞」の年代別視聴意向比率】

n=559 集計期間:2016年5月23日~5月24日/出典:eb-i Xpress

◇『eb-i Xpress』 調査概要
 国内20万人パネルから、全国47都道府県の5~69歳(※)の男女1万人超のモニターを対象に、エンターテイメント分野に関して週次でWeb調査を行う、大規模ユーザーリサーチシステム「eb-i」を元に運用。映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽など各エンターテイメントジャンルについて、「eb-i」から抽出したデータをもとに、一定のセグメント・ユーザー嗜好を組み合わせたクロス集計を実施。
(※)14歳以下は保護者の代理回答となります。
◇『eb-i Xpress』 サービスについて
 『eb-i Xpress』は、月次レポートと専用サイトのアクセス権を基本パッケージとしたサービスになります。月次レポートはエンターテイメント各ジャンルの接触ランキング、各種分析、時流に応じたテーマをデータで切り取る特集記事などから構成されます。専用サイトでは、随時更新される集計データと過去のアーカイブを閲覧することができます。
URL

最終更新:6月20日(月)10時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。