ここから本文です

矢田悠祐、TVアニメ『SUPER LOVERS』OPテーマ「おかえり。」発売記念イベントレポート!

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月20日(月)2時27分配信

5月11日にTVアニメ『SUPER LOVERS』オープニングテーマ「おかえり。」をリリースしアーティストデビューを果たした矢田悠祐が、6月12日に東京・アニメイト新宿B2F animate hall SHINJUKUにて同シングルの発売記念イベントを開催した。

詰めかけた多くのファンの前で挨拶代わりに「おかえり。」のTVサイズを歌うと、イベントがスタート!

観客の前で歌うのは初めてとのことだが、そんなことを感じさせないほどの堂々とした歌いっぷりで、ファンの心をガッチリと掴む。

続くトークコーナーではデビューシングルの発売日を振り返り、「店頭で自分のCDが実際に並んでいるのを見て、すごく感激しました。ちょうど手に取ってくれた方がいたんですけど、戻してました。買うとこ見たかったー!」と笑いを誘う。

また、アニメのオープニングテーマになったことについて聞かれると「アニメを見ていたら、自分の曲が流れてきて、俺やんこれ!みたいな(笑)」と、関西出身らしいノリの良いトークを披露した。

そして自身が作詞・作曲をしたシングルのカップリング曲「Be with you」に関しては、昨年に舞台『ママと僕たち』にゲスト出演した際に「1分間何かして」と振られ、何か歌いたいなと思って作った曲が原型になっていると明かす。マルチな才能を発揮する彼だからこそ書けた名曲と言えるだろう。

矢田は「舞台のテーマが、母親と自分との関係性だったのでそれを考えて歌詞を書いたんですけど、聴いていただく時は、好きな人や、お母さんやお父さんなど大切な人を思って聴いていただけたらと思います。」と語り、再びミニライブをスタートさせる。

「Be with you」ではしっとりと、時に感情を込め歌声を響かせると、続けて歌った同じくカップリング曲の「My Girl」では、R&B調の楽曲を心地よくフェイクを挟みながら歌う。

「oh oh oh oh…」のフレーズでは観客にマイクを向け、一体感が高まったところで「みんな“ただいま!”って言ったら“おかえり!”みたいなのやる?」とコール&レスポンスを楽しむと、あらためて「おかえり。」を今度はフルサイズで歌い上げ、ミニライブは終了した。

最後はファンとの握手会。最後まで大きなクラップでステージを盛り上げてくれたファンひとりひとりとの握手と会話を楽しんでいた。

「おかえり。」Music Video


●リリース情報
TVアニメ『SUPER LOVERS』OPテーマ
「おかえり。」矢田悠祐
発売中

【DVD付限定盤(CD+DVD)】

品番:COZC-1162/3
価格:¥1,800+税

【通常盤】

品番:COCC-17161
価格:¥1,200+税

<CD>
1.おかえり。
 作詞・作曲・編曲:園田健太郎
2.Be with you
 作詞・作曲:矢田悠祐 編曲:滝澤俊輔(TRYTONELABO)
3.My Girl
 作詞・作曲:SIMONSAYZ 編曲:Kohei by SIMONSAYZ
4.おかえり。-Instrumental-
5.Be with you -Instrumental-
6.My Girl -Instrumental-

<DVD>
「おかえり。」MV&メイキング映像収録予定

詳細はこちら

<矢田悠祐 Profile>
Birth:1990年11月16日
雑誌の読者モデルを経て、2012年、舞台『合唱ブラボー』にて俳優デビュー。同年12月に、ミュージカル『テニスの王子様』7代目青学・不二周助を演じ注目を集める。その後の主な出演作は超歌劇『幕末Rock』、『遠ざかるネバーランド』、『ドン・ドラキュラ』、『恋するブロードウェイ♪ vol.4』、『We are ウォンテッド!』、『幕末太陽傳』、ミュージカル『黒執事』、SHOW HOUSE『GEM CLUB(ジェムクラブ)』など。今後、舞台ではミュージカル『THE CIRCUS !』(5月14日~6月4日 東京・大阪・名古屋)、ミュージカル『王家の紋章』(8月5日~27日 東京帝劇)が控えている。また、『矢田悠祐カレンダー2016.4-2017.3』(東京ニュース通信社)が絶賛発売中。

最終更新:6月20日(月)2時27分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。