ここから本文です

筋肉少女帯、MANNISH BOYSなど〈RISING SUN ROCK FES〉追加出演アーティスト発表

CDジャーナル 6月20日(月)17時7分配信

筋肉少女帯、MANNISH BOYSなど〈RISING SUN ROCK FES〉追加出演アーティスト発表

筋肉少女帯、MANNISH BOYSなど〈RISING SUN ROCK FES〉追加出演アーティスト発表

 テントエリア「HEAVEN'Sテントサイト付入場券」が先行予約でソールドアウトとなり、6月25日(土)にはチケット一般発売日を迎える〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO〉が出演アーティスト第5弾を発表。初登場組には大黒摩季、筋肉少女帯、オワリカラ、My Hair is Bad、MANNISH BOYS(斉藤和義 + 中村達也)、シナリオアート、ブラディオ、さらにはART-SCHOOL、Cocco、ハンバート ハンバート、BRADIO、the pillows、The fin.、ROTTENGRAFFTYらの出演が決定しています。

 深夜枠では、〈FRIDAY NIGHT SESSION~真心ブラザーズの石狩フォーク村 夏祭り~(for CAMPERS)〉にコムアイ(水曜日のカンパネラ)、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、高田 漣、トータス松本(ウルフルズ)、ハナレグミ、Reiらが参加。また、バンバンバザールをホストに金子マリらが参加するブルース・タイム〈IN THE MIDNIGHT HOURS“The Blues Is Alright”〉にDJとしてピーター・バラカンが登場、〈TONE PARK〉ではDJにTAKKYU ISHINO、KEN ISHII、SUGIURUMN、ライヴ・アクトとしてagraph、MASARUが出演。VJはDEVICEGIRLSが務めます。

最終更新:6月20日(月)17時7分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。