ここから本文です

TVアニメ『Orange』OPテーマ&主題歌決定!楽曲を使用したPV第2弾もついに解禁!放送開始まで残りわずか、OA情報も決定!!

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月20日(月)2時27分配信

シリーズ累計発行部数は450万部を突破し、実写映画の興行収入が32億円を記録した青春SFコミック『orange』。

そんな『orange』のTVアニメが7月3日(日)より、TOKYO MX他各局で放送されることが決定し、さらにTVアニメ『orage』のOPテーマと主題歌情報が発表された!

OPテーマを担当するのは、「福笑い」や「さくらのうた」などの数々の楽曲を手掛け、6月22日には通算15枚目のシングル「産まれた理由」が発売となるシンガーソングライターの高橋 優。
OPテーマである「光の破片」は『orange』をイメージして書き下ろした楽曲になっている。菜穂たち6人の青春がかけ抜けるような音色に注目して欲しい!

そして主題歌は、原作コミックスとコラボしたCDジャケット版の発売やコラボミュージックビデオの再生回数が1000万回を超えるなど、大きな話題となったコブクロの「未来」に決定した!
実写映画とは少し違い、TVアニメでは毎話エンディングに「未来」が流れ、『orange』の物語を優しく包み込んでくれる。

さらに、この「光の破片」と「未来」を使用した、TVアニメ『orange』のPV第2弾が公開!!
「AnimeJapan 2016」にて解禁された、PV第1弾以来となる今回の第2弾では、結城信輝が描く繊細なキャラクター描写と『orange』の持つ松本の美しい風景描写が楽しめる。

<16歳の菜穂たち6人>と<26歳の菜穂たち5人>。
そのふたつの時間軸の中に楽曲が溶け込み、物語の中の切なさがこみ上げてくる。

各アーティストより、それぞれの言葉で“楽曲と『orange』”について語ったオフィシャルコメントが届いた。

<OPテーマ担当 高橋 優>

「万華鏡は幾つかの色や形の組み合わせから無限の美しさを見せてくれます。一つ一つをよく見ると歪な形だったり1個だけじゃ美しく見えないものもあるのに、他と組み合わさることで美しさが際立つ万華鏡。
もしかしたら僕ら人間も、一人だけでは見られない景色を誰かとつながることで見ることが出来るのかもしれない。
『orange』という作品を読ませていただいた時の僕の感想でした。
その気持ちを自分なりに音で表現出来ないものかと試行錯誤し「光の破片」を書きました。」

<主題歌担当 コブクロ>

「『orange』の世界観に感化され、「未来」という楽曲が生まれました。
そして、ライブでも沢山の方々の前で歌いながら、コブクロにとっても大切な歌に育っていく事を確信しました。
コミックス、映画、そしてアニメと、様々な形でこの物語が届いていくことをとても嬉しく思います。
毎回、エンディングで流れるこの「未来」が、物語の描写に、最後の一筆を加えられるといいなと思います。アニメを観るのをとても楽しみにしています!」

TVアニメ『orange』PV第2弾


●作品情報
TVアニメ『Orange』
7月放送開始

TOKYO MX 7月3日より 毎週日曜日 24:00~
テレビ愛知 7月3日より 毎週日曜日 25:05~
朝日放送 7月6日より 毎週水曜日 26:14~
テレビ信州 7月14日より 毎週木曜日 26:14~
BS11 7月3日より 毎週日曜日 24:30~
AT-X 7月3日より 毎週日曜日 24:00~ 他

原作:高野 苺(双葉社「月刊アクション」連載)

【キャスト】
高宮菜穂:花澤香菜
成瀬 翔:山下誠一郎
須和弘人:古川 慎
村坂あずさ:高森奈津美
茅野貴子:衣川里佳
萩田 朔:興津和幸

【メインスタッフ】
監督:浜崎博嗣
脚本:柿原優子
キャラクターデザイン:結城信輝
音響監督:長崎行男
音楽:堤 博明
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
制作協力:トムス・エンタテインメント

<あらすじ>
高校2年生の春、菜穂に届いた「手紙」。
その差出人は、10年後の自分だった。
初めはイタズラかと思ったが、
書かれていることが次々と現実に起こり、
「手紙」がこれから起こることを綴っていると知る。
転校生の翔を好きになること。
そして、17歳の冬に翔が亡くなってしまうこと。
翔を失ったの後悔と願いを知ったができることとは?

(C)高野苺・双葉社/orange製作委員会

最終更新:6月20日(月)2時27分

M-ON!Press(エムオンプレス)