ここから本文です

小室哲哉、台湾でピアノコンサート globeや安室などの名曲披露

中央社フォーカス台湾 6月20日(月)13時55分配信

(台北 20日 中央社)音楽プロデューサーの小室哲哉は19日夜、台北市内でピアノコンサート「小室哲哉PIANO BIOGRAPHY feat. 坂本美雨」を開催し、グローブ(globe)の「DEPARTURES」や、安室奈美恵の「CANYOU CELEBRATE」など往年の名曲を披露した。詰めかけた約900人の観客の中には子連れのファンの姿も多く見られ、懐かしい音楽とともに青春の記憶を思い出していた。

小室が台湾で演奏を披露するのは19年ぶり。今回のコンサートは、当初は4月に予定されていたが、右足関節骨折のため延期されていた。

小室は同日午後、記者会見に出席。今年3月にテレビ会議方式で台湾メディアからの取材を受けた際、コラボレーションしたい台湾アーティストとして、女性歌手のジョリン・ツァイ(蔡依林)の名前を挙げていたことに触れ、どんな楽曲を提供したいか尋ねられると、「バラード」と回答。ただ、先日の発言以降、ジョリン側からのオファーは得られておらず「あまり興味ないのかも」と苦笑いをのぞかせた。そして、来場したメディアに対し、ジョリンへの伝言を依頼する場面もあった。

(呉エンテイ/編集:名切千絵)

最終更新:6月20日(月)13時55分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。