ここから本文です

優勝者DJに異例の罰打、マキロイやスピースから協会非難相次ぐ/全米OP

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月20日(月)15時26分配信

ダスティン・ジョンソン(DJ)がペンシルベニア州のオークモントCCで行われた「全米オープン」で、メジャー初勝利を挙げた。前日未消化だった第3ラウンドの残りホールからプレーした最終日。優勝を争う最終ラウンド中にグリーン上でのルールトラブルが発覚し、ホールアウト後に1罰打を加えられる異例の事態となったが、後続に3打差をつける通算4アンダーで優勝した。

【画像】ダスティン・ジョンソンと妻ポーリナ・グレツキーの熱々ぶり

問題となったのは5番ホール。ジョンソンは1.5mのパーパットを打とうとした直前、動作を止めた。競技委員を呼び「ボールが後方に動いたかもしれない」と自ら申告。全米ゴルフ協会(USGA)の競技委員は「パターを地面に置く前(アドレスする前)にボールが動いた」というジョンソンの訴えを聞き入れ、そのままプレーを続行させた。ジョンソンはこのパットを決めてパーとした。

しかしその後、複数の競技委員が映像を見直した結果、ボールが動いたのはアドレス後で、ジョンソンの動作が影響したとの見解が浮上。ジョンソンが12番に入る際、ラウンド終了後に再協議すること、1罰打が加えられる可能性があることを伝えた。

この事態がテレビ中継で伝えられると、コースの外は騒然とした。視聴者のうち、ツィッターで声を上げたのはツアーで一緒に戦う選手たち。多くが競技委員の処置を批判した。

ロリー・マキロイ(北アイルランド)は「こんなのおかしい。DJにペナルティなんかない。(USGAは)余計なことを考えさせずにプレーさせろよ」「コースにいる全員にとって良くないこと。僕だったらこんなおかしなこと、解決するまで打たないぞ」と立て続けにツイート。

ジョーダン・スピースが「DJはアドレスをしていないじゃないか。(だから)彼がボールを動かしていなかったということは、ルールで決められているだろ」と発信すると、リッキー・ファウラーも「DJがボールを動かしたってUSGAが考えていること自体、まったくおかしなことだ。笑っちゃうよ」と同調した。

その後も選手を中心に不満が噴出する中で、優勝争いが佳境に入ると、ルーク・ドナルド(イングランド)は「USGAはDJが2打差で勝つことを祈っているだろう」と、ツイートした。ジョンソンが首位タイで終えた場合、または後続に1打差をつけて首位でホールアウトした場合、1罰打が加わると、戦況が変わり、論争はより大きくなる。しかしジョンソンはリードをさらに広げて、後続に4打差で最終18番を終えた。結局ホールアウト後に1罰打を受け、5番はパーからボギーに変わったが、3打差で勝利した。

ジョンソンは優勝会見で「彼ら(競技委員)は(12番で)ラウンドが終わった後、再協議すると言っていた。その時点ではもうどうすることもできない。だから、目の前の一打に集中しようとした。僕にできることは12番のティショットに集中することだけ。しっかりフェアウェイをとらえることができた」と話した。「このコースが難しくて、狭いことは知っている。他の誰のことも気にせずに、18番まで自分のやるべきことに集中したんだ」。雑音を気にせずゴールまで突っ走ったことに胸を張った。

ただし、裁定に対する見解はハッキリしていた。「(ラウンド後に)ビデオを見たけれど、僕はいまだにボールを動かしたとは思っていない。でもUSGAは動かしたと言った。僕には理解できないけれど、ペナルティを受けたんだ」(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

ゴルフ規則18-2
規則によって認められる場合を除き、プレーヤーの球がインプレーの場合で次のときは、プレーヤーは1打の罰を受ける。
(i)プレーヤーかパートナー、またはそのどちらかのキャディーが次のことをしたとき。
●球を拾い上げたり動かしたとき。
●故意に球に触れたとき(アドレスの際にクラブが球に触れたときを除く)。
●球の動く原因となることをしたとき。

最終更新:6月23日(木)7時26分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]