ここから本文です

ジャニーズ事務所の新体制発足で注目される『音楽の日』の出演者

リアルライブ 6月20日(月)12時9分配信

 SMAPの中居正広が、7月16日放送のTBS系音楽特番「音楽の日」で、同番組で6年連続となる司会を務めることを、一部スポーツ紙が報じている。

 同番組は11年に発生した東日本大震災を受け、「歌の力で日本に元気を届けよう」をテーマに同年からスタート。記事によると、今回は計12時間の生放送で、中居は6年連続のコンビとなる安住紳一郎アナウンサーと司会をつとめる。

 今回は「繋(つな)ぐ」をテーマに4月に地震が起きた熊本と、東北3県をつなぐ中継リレーなどを予定。出演者は今後発表されるというが、 中居は「東日本が、熊本が、そして日本が音楽・歌の力で少しでも元気になっていただければ」とコメントしているというのだ。

 「中居といえば、熊本地震の被災地をお忍びで訪問。何度か行ったうちの1回にはSMAPのメンバー・香取慎吾を帯同させている。とはいえ、事務所の“公認”ではないため、その話題はNGなのでは。一方、キムタクこと木村拓哉は先日まで4日にわたって、石原軍団の被災地での炊き出しに同行。こちらは事務所の公認なので、相変わらず、中居とキムタクの間の微妙な空気感がお茶の間に伝わることになりそうだ」(テレビ関係者)

 SMAPといえば、1月に勃発した分裂・解散騒動により、“育ての親”だった女性の元チーフマネージャーが退社。それにより、次期社長である現副社長の藤島ジュリー景子氏の管轄となる新体制が発足したが、今回の番組ではそのあたりがどう反映されるかが注目されそうだというのだ。

 「昨年まではジャニーズ所属のグループはSMAP以外だと元チーフマネージャーが統括していたKis-My-Ft2ぐらいしか出演しなかった。しかし、今年の場合、嵐やTOKIOら旧来の垣根を超えたグループが出演してもおかしくないが、そうならない場合、やはり事務所内でのSMAPの立場が微妙なことをうかがわせてしまう」(芸能記者)

 ほかの出演者発表が注目される。

最終更新:6月20日(月)12時24分

リアルライブ